コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条経嗣 いちじょうつねつぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一条経嗣
いちじょうつねつぐ

[生]正平13=延文3(1358)
[没]応永25(1418).11.17. 京都
室町時代前期の関白二条良基の子,一条房経の養子。足利義満に追従,『相国寺塔供養記』『北山殿行幸記』などを書き,また日記に『荒暦』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条経嗣 いちじょう-つねつぐ

1358-1418 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
延文3=正平(しょうへい)13年生まれ。二条良基(よしもと)の3男。一条経通(つねみち)の養嗣子応安元=正平23年従三位,応永元年関白となる。従一位。足利義満・義持の信任を得,関白を3回つとめる。22年准三宮(じゅさんぐう)。和漢の学問,和歌にすぐれた。応永25年11月17日死去。61歳。法号は成恩寺。日記に「荒暦(こうりゃく)」,著作に「相国寺(しょうこくじ)塔供養記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一条経嗣

没年:応永25.11.17(1418.12.14)
生年:延文3/正平13(1358)
南北朝室町時代の公卿,学者。成恩寺と号す。実父は二条良基で,一条経通の子房経が早世したために経通の養嗣子となる。貞治6/正平22(1367)年に元服,叙爵,応安1/正平23(1368)年従三位,応安3/建徳1年に権中納言,応安7/文中3年に権大納言,嘉慶2/元中5(1388)年に内大臣,明徳2/元中8(1391)年に従一位,左大臣となり,応永1(1394)年から同5年,同6年から同15年,同17年から同25年に没するまで3回関白・氏長者を務め,同22年には准三宮に叙せられ,当時「公家の鏡,天下の重臣」といわれた。関白在任時には室町幕府将軍足利義満に追従し,義満の妻日野康子を後小松天皇の准母に推挙し,『北山院御入内記』『相国寺塔供養記』『北山殿行幸記』などを著した。和漢の学問にすぐれ,その才能は子兼良に受け継がれた。日記に『荒暦』(1381~1415)がある。

(伊東正子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

一条経嗣の関連キーワード一条兼良(いちじょうかねら)一条経輔雲章一慶一条兼良祐厳良什

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android