コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条経嗣 いちじょうつねつぐ

3件 の用語解説(一条経嗣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一条経嗣
いちじょうつねつぐ

[生]正平13=延文3(1358)
[没]応永25(1418).11.17. 京都
室町時代前期の関白。二条良基の子,一条房経の養子。足利義満に追従,『相国寺塔供養記』『北山殿行幸記』などを書き,また日記に『荒暦』がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条経嗣 いちじょう-つねつぐ

1358-1418 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)。
延文3=正平(しょうへい)13年生まれ。二条良基(よしもと)の3男。一条経通(つねみち)の養嗣子。応安元=正平23年従三位,応永元年関白となる。従一位。足利義満・義持の信任を得,関白を3回つとめる。22年准三宮(じゅさんぐう)。和漢の学問,和歌にすぐれた。応永25年11月17日死去。61歳。法号は成恩寺。日記に「荒暦(こうりゃく)」,著作に「相国寺(しょうこくじ)塔供養記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一条経嗣

没年:応永25.11.17(1418.12.14)
生年:延文3/正平13(1358)
南北朝・室町時代の公卿,学者。成恩寺と号す。実父は二条良基で,一条経通の子房経が早世したために経通の養嗣子となる。貞治6/正平22(1367)年に元服,叙爵,応安1/正平23(1368)年従三位,応安3/建徳1年に権中納言,応安7/文中3年に権大納言,嘉慶2/元中5(1388)年に内大臣,明徳2/元中8(1391)年に従一位,左大臣となり,応永1(1394)年から同5年,同6年から同15年,同17年から同25年に没するまで3回関白・氏長者を務め,同22年には准三宮に叙せられ,当時「公家の鏡,天下の重臣」といわれた。関白在任時には室町幕府将軍足利義満に追従し,義満の妻日野康子後小松天皇の准母に推挙し,『北山院御入内記』『相国寺塔供養記』『北山殿行幸記』などを著した。和漢の学問にすぐれ,その才能は子兼良に受け継がれた。日記に『荒暦』(1381~1415)がある。

(伊東正子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一条経嗣の関連キーワード世尊寺伊俊高倉永宣花山院通定兼国(2)九条教嗣見子内親王徳大寺実時中院通氏山科教冬頼勝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone