コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良如 りょうにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良如 りょうにょ

1613*-1662 江戸時代前期の僧。
慶長17年12月7日生まれ。准如(じゅんにょ)の次男。寛永7年浄土真宗西本願寺13世。学寮をひらくが,宗義論争が原因で廃止となる。大谷本廟(ほんびょう)を修築し,親鸞(しんらん)四百回忌法要をいとなんだ。寛文2年9月7日死去。51歳。京都出身。法名は光円。号は教興院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

良如 (りょうにょ)

生年月日:1612年12月7日
江戸時代前期の僧
1662年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

良如の関連キーワード藪内紹智(2代)寂如上人竜谷大学良如上人生年月日藪内流西福寺寂如