コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良恕入道親王 りょうじょにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良恕入道親王 りょうじょにゅうどうしんのう

1574-1643 織豊-江戸時代前期,誠仁(さねひと)親王の第3王子。
天正(てんしょう)2年生まれ。後陽成天皇の弟。母は新上東門院天正16年親王となり,得度して曼殊院門跡(もんぜき)となる。寛永16年天台座主(ざす)。和歌,書にすぐれた。寛永20年7月15日死去。70歳。竜華院と追号された。幼称は三宮。俗名は勝輔。号は忠桓。著作に「良恕親王厳島参詣記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良恕入道親王の関連キーワードさね

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android