コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良恕入道親王 りょうじょにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良恕入道親王 りょうじょにゅうどうしんのう

1574-1643 織豊-江戸時代前期,誠仁(さねひと)親王の第3王子。
天正(てんしょう)2年生まれ。後陽成天皇の弟。母は新上東門院天正16年親王となり,得度して曼殊院門跡(もんぜき)となる。寛永16年天台座主(ざす)。和歌,書にすぐれた。寛永20年7月15日死去。70歳。竜華院と追号された。幼称は三宮。俗名は勝輔。号は忠桓。著作に「良恕親王厳島参詣記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良恕入道親王の関連キーワードさね

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android