良賤制(読み)りょうせんせい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

良賤制
りょうせんせい

中国古代における国家的身分制。全人民を良民と賤民とに区分する政治的支配の制度。秦(しん)・漢期に形成され、唐代に完成した。賤民とは、国家に隷属する各種の官賤民、および私家で駆使される私賤民(部曲(ぶきょく)、客女、奴婢(ぬひ))であり、これらの者を除くすべての者(天子も含む)が良民である。賤民は日常生活におけるもろもろの「差別」と、その差別をさらに有効に規定し正当化した国法とを通して、良民と明確に区別され対比される。たとえば刑法においても、賤民の犯罪は、とりわけ良民や主人に対する加害の場合には重罪に処せられ、賤民に対する犯罪の処罰はきわめて軽い。この身分制は、君臣秩序と家族主義的秩序と並んで、皇帝支配を維持し機能せしめるための重要な役割を果たした。宋(そう)代以降には、地主制的支配の発達に反比例して、良賤制の締め付けは第一義的なものではなくなったが、賤民の公的な廃止は、清(しん)朝の崩壊を待たねばならなかった。[尾形 勇]
『尾形勇著『中国古代の「家」と国家』(1979・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の良賤制の言及

【賤民】より

…その後,朝鮮戦争と近代化による社会変動の中に彼らも姿を没した。【吉田 光男】
[日本古代]
 日本古代の賤民は,人民を良民と賤民に区分した8世紀の律令法のもとでの良賤制により身分として確立した。7世紀までの賤民の形成は,(1)犯罪による没身(賤民にすること),(2)人身売買・債務による奴隷化,(3)捕虜の賤民化,(4)手工業者などの賤民化,(5)王族・豪族・寺社の隷属民の賤民化,などにより進行していた。…

※「良賤制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android