重罪(読み)じゅうざい

精選版 日本国語大辞典「重罪」の解説

じゅう‐ざい ヂュウ‥【重罪】

〘名〙
① 程度の重い罪。重科大罪
※三代実録‐貞観一四年(872)七月二九日「今依此文、事発之時、共陥重罪
※正法眼蔵(1231‐53)発無上心「これによりて重罪逆罪をつくるといへども」 〔史記‐周本紀〕
② 旧刑法で、死以下軽禁獄までの九種の刑を科せられる罪。→軽罪違警罪
※刑法(明治一三年)(1880)一条「凡法律に於て罰す可き罪別て三種と為す 一重罪 二軽罪 三違警罪」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android