コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色代・色体・式体 しきたい

大辞林 第三版の解説

しきたい【色代・色体・式体】

〔「しきだい」とも〕
挨拶あいさつ。儀礼的な言葉を述べること。 「後日にこそ又見参に入らめと-して/太平記 8
おせじ。追従ついしよう。 「 -にて御年よりは若く見え給ふと言へばうれしく/沙石 8
他の品物で代用すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色代・色体・式体の関連キーワード太平記品物見参追従