コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色原体 しきげんたいchromogen

翻訳|chromogen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色原体
しきげんたい
chromogen

クロモゲン発色団を含む化合物 (たとえばベンゼン環に発色団が結合したもの) 。これに,孤立電子対をもち,染色性を与える助色団を導入すると,色が強く,しかも深くなり,染料となる。 O.ビットが提唱した発色説 (1876) で使われた概念である。また,生体色素前駆体を色原体と呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

色原体

 生体内で変換されて色素になる物質で,それ自体は色のないもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきげんたい【色原体】

化学染料で、発色団が結合している分子。ベンゼン環に発色団が結合している場合が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

色原体の関連キーワードウィット(Otto Nikolaus Witt)分子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android