コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色温度変換フィルター イロオンドヘンカンフィルター

2件 の用語解説(色温度変換フィルターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いろおんどへんかん‐フィルター〔いろヲンドヘンクワン‐〕【色温度変換フィルター】

light balancing filter》カメラやビデオカメラのレンズに装着して用いるフィルターの一。野外における朝夕や日陰、白熱電球や蛍光灯などの光源の違いによる色温度の適切な補正に用いられる。デジタルカメラでは、ホワイトバランス機能がこれに相当する役割を担う。色温度を上げるブルー系と、下げるアンバー系とがある。LBフィルター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

色温度変換フィルター

 屋外撮影では朝夕や日陰など、色温度の違いによって青みがかったり赤みがかったりする。またタングステン光は赤みがかって写る。それらを補正し、見た目どおりの色に変換するフィルター。LB(Light Balancing)フィルターとも言う。丸枠のついたガラス製のものと、アセテートゼラチン製のシートタイプがあり、色温度を補正する方向性と度合いの違いで何種類も用意される。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の色温度変換フィルターの言及

【フィルター】より

…色相記号L,Y,O,Rは,それぞれ色相として無色,黄,黄赤および赤を表す。色温度変換フィルターは,本来カラーフィルムのタイプにより指定されている色温度の光源と異なる色温度の光源下で撮影する場合,この色温度の違いを補正するものである。整正フィルターはパンクロフィルムの緑色部分の感度の相対的不足を補正する。…

※「色温度変換フィルター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

色温度変換フィルターの関連キーワード色温度マクロ撮影撮影朝夕温度差実効温度ロケーションカラーメーターミレッドロケ弁