芝岡宗田(読み)しこう そうでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芝岡宗田 しこう-そうでん

?-? 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。尾張(おわり)(愛知県)乾坤(けんこん)院の逆翁宗順(げきおう-そうじゅん)にまなび,師の遺命により乾坤院をつぐ。延徳2年(1490)越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺住持となり,3年後に乾坤院にもどった。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は芝田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android