コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦田高子 あしだ たかこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芦田高子 あしだ-たかこ

1907-1979 昭和時代の歌人。
明治40年10月1日生まれ。金沢にすみ,昭和22年「新歌人」を創刊,主宰。29年米軍試射場の土地接収反対闘争をうたった「内灘(うちなだ)」で注目され,34年刊行の「北ぐに」とともにソ連で翻訳出版された。昭和54年3月13日死去。71歳。岡山県出身。梅花女子専門学校卒。歌集に「兼六園」「白き魔」など。
【格言など】売る前の希(ねが)ひにひとひ着てあるき思ひ足りたる着物をたたむ(「新撰六人集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

芦田高子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android