コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦田高子 あしだ たかこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芦田高子 あしだ-たかこ

1907-1979 昭和時代の歌人。
明治40年10月1日生まれ。金沢にすみ,昭和22年「新歌人」を創刊,主宰。29年米軍試射場の土地接収反対闘争をうたった「内灘(うちなだ)」で注目され,34年刊行の「北ぐに」とともにソ連で翻訳出版された。昭和54年3月13日死去。71歳。岡山県出身。梅花女子専門学校卒。歌集に「兼六園」「白き魔」など。
【格言など】売る前の希(ねが)ひにひとひ着てあるき思ひ足りたる着物をたたむ(「新撰六人集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芦田高子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android