コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花の色 ハナノイロ

デジタル大辞泉の解説

はな‐の‐いろ【花の色】

花の色合い。
「―はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」〈古今・春下〉
花染めの色。また、その色の衣。
「―に染めし袂の惜しければ衣替へうき今日にもあるかな」〈拾遺・夏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなのいろ【花の色】

花の色合い。転じて、容色。 「 -はうつりにけりないたづらに我身世にふるながめせしまに/古今 春下
花染め衣の色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

花の色の関連キーワードベゴニアセンパフローレンスケンブリッジブルーフクシャピンク『平家物語』オキザリス立ち代はる其れながら萩の花摺り犬サフラン花染め衣対立形質娑羅双樹盛者必衰千紫万紅御諸つくフクシャ思ひ初む天霧る飛入り菖蒲色

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花の色の関連情報