コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源重之 みなもとのしげゆき

7件 の用語解説(源重之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源重之
みなもとのしげゆき

[生]?
[没]長保2(1000)頃
平安時代中期の歌人。三十六歌仙の一人。清和天皇の曾孫で,兼信の子。伯父兼忠の義子となった。従五位下相模権守。後半生は不遇で,九州や奥州を渡り歩き,陸奥で没した。旅の歌人で,地方の名所を詠んだ歌が目立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐しげゆき【源重之】

[?~1000ころ]平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。清和天皇の皇子貞元親王の孫。相模権守(さがみのごんのかみ)。旅の歌を得意とし、また冷泉天皇の東宮時代に奉った百首は、現存する最古の百首歌として知られる。家集「重之集」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源重之 みなもとの-しげゆき

?-1000ごろ 平安時代中期の官吏,歌人。
源兼信の子で,伯父兼忠の養子。三十六歌仙のひとりで,日本最古の百首歌のひとつ「重之百首」の作者。勅撰集には「拾遺和歌集」以下に約70首みえる。不遇をなげく歌がおおい。長徳元年(995)藤原実方にしたがって陸奥(むつ)に赴任。長保2年ごろ,その地で死去。家集に「重之集」。
【格言など】風をいたみ岩打つ波のおのれのみ砕けて物を思ふころかな(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源重之

生年:生没年不詳
長保年間(999~1004)没か。平安時代の官人,歌人。三十六歌仙ひとり。清和天皇の曾孫。源兼信の子,伯父兼忠の養子。冷泉天皇の東宮時代に帯刀長となり,百首歌の祖とされる『重之百首』を献上した。右近将監,左馬助などを経て従五位下相模権守 に至った。貞元2(977)年頼忠家歌合 や寛和1(985)年円融院子日行幸和歌などに出詠。正暦2(991)年以後大宰大弐藤原佐理の求めに応じて,書の手本となる歌を贈る。また長徳1(995)年以後陸奥守藤原実方に随行し,同地で没したという。家集『重之集』には旅の歌や不遇を嘆く歌も多く,人間味を感じさせる。

(青木賜鶴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのしげゆき【源重之】

平安中期の歌人。生没年不詳。清和天皇の曾孫。父は従五位下兼信。帯刀長(たちはきのおさ)在任中に東宮に献じた百首歌は整った形式の創始期の作として知られる。その後967年(康保4)に従五位下右近将監,さらに左馬助,相模権守等に任ぜられたが,995年(長徳1)ころ陸奥に下り,同地で没した。歌集《重之集》に陸奥をはじめ旅の歌が多く,百人一首に〈風をいたみ岩うつ波のおのれのみ砕けて物を思ふころかな〉(《詞花集》巻七)が入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなもとのしげゆき【源重之】

?~1000) 平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。清和天皇の曽孫。帯刀先生せんじよう・左馬助・相模権守。旅の歌が多く、また冷泉天皇の東宮時代に奉った百首は現存最古の百首歌。家集に「重之集」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源重之
みなもとのしげゆき
(?―1000ころ)

平安中期の歌人。清和(せいわ)天皇の皇孫で兼信(かねのぶ)の子。父兼信が陸奥(むつ)に土着したため、伯父兼忠に養われた。三十六歌仙の1人。冷泉(れいぜい)天皇の東宮時代に帯刀先生(たてわきせんじょう)となり、そのおりわが国最古の百首歌の一つ『重之百首』を詠進した。相模権守(さがみのごんのかみ)、肥後守、筑前(ちくぜん)守などを歴任した受領(ずりょう)層歌人であり、また藤原佐理(すけまさ)や藤原実方(さねかた)を頼って筑紫(つくし)や陸奥(むつ)に下向するなど旅をよくした。そのため羇旅(きりょ)歌人的色彩が濃く、詠歌にも歌枕(うたまくら)が頻出する。同時に身の不遇を嘆く歌も散見され、交友歌人も源順(したごう)、曽禰好忠(そねのよしただ)、平兼盛(かねもり)ら沈淪(ちんりん)の歌人が多い。『百人一首』の「風をいたみ岩うつ波のおのれのみくだけて物を思ふ頃(ころ)かな」の作者で、家集に『重之集』がある。[川村晃生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源重之の関連キーワード寛弘子島曼荼羅長保長明敦平親王安倍親良大春日遠晴長徳神奴貞述狛則高源泰清

源重之の関連情報