花崗質砂岩(読み)かこうしつさがん(英語表記)arkose

翻訳|arkose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花崗質砂岩
かこうしつさがん
arkose

石英,アルカリ長石砂粒を主とし,粘土などのセメント物質を少量しか含んでいない砂岩花崗岩やそれと同質変成岩機械的風化による砂粒が固結したもので,アルコースともいう。硬砂岩よりは色が白く,石英質砂岩よりも長石に富んでいる。起源については,砂漠や氷河気候の地域で花崗岩が浸食され,それが堆積,固結したものという説と,気候とは関係なく,土地の隆起速度が速く,浸食,堆積の盛んな地域でつくられるという説がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android