コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花道論 はなみちろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花道論
はなみちろん

内閣の交代や存続を正当化する理由として現内閣が重視する施策の実現がしばしば当事者によって唱えられるが,そのような内閣の施策。それを花道にして内閣は交代すべきである,あるいは,それが実現するまでは内閣は存続すべきであるという形で使用される。花道とはもともと歌舞伎で役者が舞台に出入りするために,見物席の間に設けられた狭い通路を指す言葉であるが,それを首相の退陣に転用したものである。そして具体的には,鳩山内閣の日ソ国交回復,佐藤内閣沖縄返還中曽根内閣の国鉄分割・民営化などがそれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android