コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村伊三郎(2世) よしむらいさぶろう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芳村伊三郎(2世)
よしむらいさぶろう[にせい]

[生]享保20(1735)
[没]文政3(1820).11.29.
長唄芳村流家元。1世芳村伊三郎の門弟。元は建具職人と伝えられる。前名1世芳村伊十郎。寛政6 (1794) 年2世を襲名,同9年立唄。俗に「尾張町の伊三郎」と呼ばれた。『正札附根元草摺』などの立唄をつとめ,芸の力もすぐれていた。門弟から1世芳村伊四郎,1世孝次郎,源太郎 (のちの2世松永忠五郎) らを輩出し,芳村流繁栄の基礎を築いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

芳村伊三郎(2世)の関連キーワード芳村伊十郎(3世)長唄文政

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android