コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芳村玄恂 よしむら げんじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

芳村玄恂 よしむら-げんじゅん

1678-1757 江戸時代中期の医師。
延宝6年生まれ。儒学伊藤仁斎に,医学を名古屋玄医にまなぶ。三千院門跡(もんぜき)道仁(どうにん)入道親王につかえ,法眼の位をあたえられた。宝暦7年2月12日死去。80歳。著作に「黄帝内経素問大伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

芳村玄恂の関連キーワードサブレ夫人ゴドフレーハレーホーホストラーテンラ・ロシュフコーフランス史(年表)家元プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android