コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋玄医 なごやげんい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋玄医
なごやげんい

[生]寛永5(1628)
[没]元禄9(1696)
江戸時代初期の医師。京都の人,字は閲甫または富潤。号は丹水子,宣春庵,桐渓。古医方の始祖。まず経書を羽州宗純に学び,周易占法に精通し,医を学んだ。明の喩嘉言の『傷寒尚論』を読んで発奮して,張仲景を師とし,医方復古を唱道するかたわら,広く病客に接した。この間にたびたび官命があったが固辞した。著書に『医方問余』『金匱註解』『医方規矩』『脈要源委』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なごや‐げんい【名古屋玄医】

[1628~1696]江戸前期の医師。京都の人。字(あざな)は閲甫・富潤。号、宜春庵・丹水子・桐渓。古医方説を唱えた。著「医方問余」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名古屋玄医 なごや-げんい

1628-1696 江戸時代前期の医師。
寛永5年3月21日生まれ。はじめ経書をおさめ,のち明(みん)(中国)の「傷寒尚論」などの医学典籍にまなぶ。張仲景らの考えにならい,独自の生命観にもとづき古医方をおもんじた。門弟に並河天民らがいる。元禄(げんろく)9年4月18日死去。69歳。京都出身。字(あざな)は富潤,閲甫。号は丹水子,宜春庵,桐渓。著作に「金匱(きんき)註解」「医方問余」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

なごやげんい【名古屋玄医】

1628‐96(寛永5‐元禄9)
江戸初期の医家。京都に生まれ,姓は名護屋とも書く。字は閲甫また富潤,丹水また宜春庵と号した。経書を羽川宗純に学び医学は壮年になって志した。明の喩嘉言の《傷寒尚論》《医門法律》を読んで開眼し,当時盛行李朱医学を捨てて医学の源流にさかのぼり張仲景の古医方にかえることを唱えた。これは伊藤仁斎儒学における古学提唱より十数年早く時流にさきがけるものであった。諸藩からの仕官の招きもことわり在野で活躍し,40余歳で腰脚麻痺・両手不随となったが気力は少しも衰えず,診療に従事するとともに著作に打ち込んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

なごやげんい【名古屋玄医】

1628~1696) 江戸前期の医師。京都の人。字あざなは閲甫・富潤。号は丹水子・宜春庵・桐渓。古医方の創始者。著「医方問余」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋玄医
なごやげんい
(1628―1696)

江戸初期の医師。京都の人。名護屋玄医とも書く。字(あざな)は閲甫(えっぽ)または富潤といい、宜春庵(ぎしゅんあん)、丹水子、桐渓と号す。儒学を羽州宗純について学び、周易と占法をよくしたが、のち医学を志した。中国明(みん)の喩嘉言(ゆかげん)(1585―1664ころ)の『傷寒尚論』を読んでこれに共鳴し、医学復古の説を唱え、当時盛んであった後世(ごせい)派の医説、李(り)・朱の医方を排して、後漢(ごかん)の張仲景(ちょうちゅうけい)の『傷寒論』を紹介し、その実証精神に戻ることを主張した。これをもって彼は古医方派の始祖とされる。生来、多病で晩年にはつねに病床にあったが、多くの患者に接し、多数の医書を著した。『難経註疏(ちゅうそ)』『金匱(きんき)註解』『医方問余(もんよ)』『丹水子』『食物本草』などが知られている。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

名古屋玄医 (なごやげんい)

生年月日:1628年3月21日
江戸時代前期の医師
1696年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の名古屋玄医の言及

【抜歯】より

…また縄文中・後期の側切歯抜去は,晩期のあり方からすると婚姻関係成立時に左右を抜き分けた可能性がある。【春成 秀爾】
【医療としての抜歯】
 医療としての抜歯は,日本では名古屋玄医の著した《医方問余》(1679)に記載されており,ある薬剤を歯肉に用い,歯を弛緩させて脱落させたという。一方,西欧では,古代ギリシアですでに抜歯鉗子が用いられており,てこ(梃子)は11世紀ころから用いられ,16世紀ころの抜歯鉗子とてこは現代のものと大差がない。…

※「名古屋玄医」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

名古屋玄医の関連キーワード日本の医学史(年表)松原一閑斎吉益東洞生年月日後藤艮山元禄文化芳村夭仙伊藤風国飯田玄仙芳村玄恂名古屋古方派創始者