コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋玄医 なごやげんい

6件 の用語解説(名古屋玄医の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋玄医
なごやげんい

[生]寛永5(1628)
[没]元禄9(1696)
江戸時代初期の医師。京都の人,字は閲甫または富潤。号は丹水子,宣春庵,桐渓。古医方の始祖。まず経書を羽州宗純に学び,周易占法に精通し,医を学んだ。明の喩嘉言の『傷寒尚論』を読んで発奮して,張仲景を師とし,医方復古を唱道するかたわら,広く病客に接した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なごや‐げんい【名古屋玄医】

[1628~1696]江戸前期の医師。京都の人。字(あざな)は閲甫・富潤。号、宜春庵・丹水子・桐渓。古医方説を唱えた。著「医方問余」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名古屋玄医 なごや-げんい

1628-1696 江戸時代前期の医師。
寛永5年3月21日生まれ。はじめ経書をおさめ,のち明(みん)(中国)の「傷寒尚論」などの医学典籍にまなぶ。張仲景らの考えにならい,独自の生命観にもとづき古医方をおもんじた。門弟に並河天民らがいる。元禄(げんろく)9年4月18日死去。69歳。京都出身。字(あざな)は富潤,閲甫。号は丹水子,宜春庵,桐渓。著作に「金匱(きんき)註解」「医方問余」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なごやげんい【名古屋玄医】

1628‐96(寛永5‐元禄9)
江戸初期の医家。京都に生まれ,姓は名護屋とも書く。字は閲甫また富潤,丹水また宜春庵と号した。経書を羽川宗純に学び医学は壮年になって志した。明の喩嘉言の《傷寒尚論》《医門法律》を読んで開眼し,当時盛行の李朱医学を捨てて医学の源流にさかのぼり張仲景の古医方にかえることを唱えた。これは伊藤仁斎の儒学における古学提唱より十数年早く時流にさきがけるものであった。諸藩からの仕官の招きもことわり在野で活躍し,40余歳で腰脚麻痺・両手不随となったが気力は少しも衰えず,診療に従事するとともに著作に打ち込んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なごやげんい【名古屋玄医】

1628~1696) 江戸前期の医師。京都の人。字あざなは閲甫・富潤。号は丹水子・宜春庵・桐渓。古医方の創始者。著「医方問余」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋玄医
なごやげんい
(1628―1696)

江戸初期の医師。京都の人。名護屋玄医とも書く。字(あざな)は閲甫(えっぽ)または富潤といい、宜春庵(ぎしゅんあん)、丹水子、桐渓と号す。儒学を羽州宗純について学び、周易と占法をよくしたが、のち医学を志した。中国明(みん)の喩嘉言(ゆかげん)(1585―1664ころ)の『傷寒尚論』を読んでこれに共鳴し、医学復古の説を唱え、当時盛んであった後世(ごせい)派の医説、李(り)・朱の医方を排して、後漢(ごかん)の張仲景(ちょうちゅうけい)の『傷寒論』を紹介し、その実証精神に戻ることを主張した。これをもって彼は古医方派の始祖とされる。生来、多病で晩年にはつねに病床にあったが、多くの患者に接し、多数の医書を著した。『難経註疏(ちゅうそ)』『金匱(きんき)註解』『医方問余(もんよ)』『丹水子』『食物本草』などが知られている。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の名古屋玄医の言及

【抜歯】より

…また縄文中・後期の側切歯抜去は,晩期のあり方からすると婚姻関係成立時に左右を抜き分けた可能性がある。【春成 秀爾】
【医療としての抜歯】
 医療としての抜歯は,日本では名古屋玄医の著した《医方問余》(1679)に記載されており,ある薬剤を歯肉に用い,歯を弛緩させて脱落させたという。一方,西欧では,古代ギリシアですでに抜歯鉗子が用いられており,てこ(梃子)は11世紀ころから用いられ,16世紀ころの抜歯鉗子とてこは現代のものと大差がない。…

※「名古屋玄医」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名古屋玄医の関連キーワード漲川永海名護屋伯庵名護屋打ち佐賀県唐津市鎮西町名護屋児玉梅嶺名護屋播磨太夫広沢局《参会名護屋》名護屋大橋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone