コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術記号説 げいじゅつきごうせつ semiotic theory of art

1件 の用語解説(芸術記号説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術記号説
げいじゅつきごうせつ
semiotic theory of art

芸術を「記号」とみなし,その構造と機能を記号論的に研究する立場。その一つの流れは新カント派から出た E.カッシーラーの「象徴形式」の考えに基づくもので,シグナルシンボルとを区別し,後者をさらに「論弁的シンボル」 discursive symbolと「現示的シンボル」 presentational symbolとに分けて,芸術を後者に属すると考えるスザンヌ・ランガーがその代表である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芸術記号説の関連キーワード記号論三次構造組織学二次構造エコロジープロテオミクス岩石構造学田中啓二松尾寿之《日本群島の構造と生成》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone