コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽接ぎ めつぎ

盆栽用語集の解説

芽接ぎ

接ぎ木の一種で、樹木の芽の部分をや幹に接ぎ込むこと。台木切り込みを入れ、接合部をくさび型に切った接ぎ穂を差し込み、固定する。フトコロなど樹形上必要な部分に枝を作るケースや、葉性などを変えるためのいわゆる「衣替え」として行なわれるケースがある。

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

め‐つぎ【芽接ぎ】

接ぎ木の一。新しく伸びた枝にできるじょうぶな芽を、周囲の木質部ごと削り取って接ぎ穂とし、台木の皮層を切り開いた部分に挿し込んで接ぐ方法。秋口に行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めつぎ【芽接ぎ】

接ぎ木法の一。果樹などの芽を木質部をつけてそぎ取って接ぎ穂とし、台木に結合・癒着させる方法。バラ・モモなどに行う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

芽接ぎの関連キーワード三浦 肆玖楼バラ(薔薇)三浦肆玖楼削ぎ芽接ぎオリーブグアバ接ぎ木枝接ぎ結合果樹

芽接ぎの関連情報