コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外骨格 がいこっかくexoskeleton

翻訳|exoskeleton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外骨格
がいこっかく
exoskeleton

骨格に対する語で,貝類の殻,節足動物などをいう。体を支え,筋肉と結んで運動の役に立つ点は内骨格と同様であるが,体をおおって保護する役目をも兼ねる点が内格と異なる。なお,カメの甲は内骨格の変形したもので,外骨格ではない。 (→骨格 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がい‐こっかく〔グワイ‐〕【外骨格】

動物体の外側を覆い、体を支え、内部を保護し、筋肉の付着点となる硬い構造。甲殻甲ら貝殻など。⇔内骨格

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

外骨格【がいこっかく】

内骨格に対する。軟体動物や節足動物などの体の外側を包む堅い殻をいう。軟体動物の貝殻は外套(がいとう)膜から分泌される炭酸カルシウム,節足動物は上皮細胞から分泌されるクチクラで,両者とも細胞が含まれていない点で共通。
→関連項目骨格

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がいこっかく【外骨格 exoskeleton】

脊椎動物の骨格のように体の内部に形成される内骨格に対して,動物の体の表面を覆って形成される殻などの固い構造物を外骨格という。貝類,甲殻類昆虫類,多足類,腕足類などの殻が代表的なものである。皮骨などの皮膚骨格も広義の外骨格に含めることがある。すなわち,ウニ類,ヒトデ類の殻や魚類のうろこ,甲は外骨格といわれることがあるが,表皮で覆われていてその下に形成された構造物であるので,厳密には内骨格とされる。造礁サンゴ類の骨格は個体の下部体外に形成された杯状の外骨格であるが,複雑に突き出して体内へくい込むとともに,その外を伸長した表皮が覆っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がいこっかく【外骨格】

動物体の外側を覆う骨格。貝殻や甲など。内部を保護すると同時に筋肉の付着点となる。節足動物や貝類に発達している。 ⇔ 内骨格

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外骨格の言及

【骨格】より

…この点が,支柱の役割だけしかもたない建築物の骨組みと違っている。骨格には外骨格と内骨格の区別がある。外骨格というのは,昆虫や甲殻類に見られるように,体の外表を包んでいる堅い殻で,これは支柱や運動のほかに体表の保護という役目も兼ねている。…

【昆虫】より

…運動能力の発達は,両者がともに強力な筋肉の付着・支持点となりうる骨格を備えていることに基づく。ただしその方法は正反対で脊椎動物の内骨格に対して,節足動物は外骨格を発達させた。外骨格は運動力の増大のほかに,外敵と乾燥に対する防御機能も果たす。…

※「外骨格」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

外骨格の関連キーワードイセエビ(伊勢海老)キチンナノファイバーバイオプラスチックエビ(蝦/海老)トリコミケテスケファラスピステッポウエビオビヤスデ類グリプトドン骨格・骨骼フサヤスデ魚類時代ヤドカリクチン化鎧モスラハコエビキトサン苔虫類甲冑魚花虫類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外骨格の関連情報