コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗村常伯 なむら じょうはく

1件 の用語解説(苗村常伯の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

苗村常伯 なむら-じょうはく

1674-1748 江戸時代中期の医師,仮名草子作者。
延宝2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。伊藤仁斎に儒学をまなび,京都にすむ。医学書のほかに「世話用文章」や「女重宝記」「理屈物語」などの字書,実用書,仮名草子をあらわした。寛延元年10月23日死去。75歳。字(あざな)は三径。通称は道益。号は艸田,三友,介洞。名は丈伯とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

苗村常伯の関連キーワード文京明石宗伯今村一鴎小原西酉児玉梅嶺小林粛翁清水敬長三谷蘆水室田坤山渡辺昌倫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone