苗村常伯(読み)なむら じょうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

苗村常伯 なむら-じょうはく

1674-1748 江戸時代中期の医師,仮名草子作者。
延宝2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の人。伊藤仁斎に儒学をまなび,京都にすむ。医学書のほかに「世話用文章」や「女重宝記」「理屈物語」などの字書,実用書,仮名草子をあらわした。寛延元年10月23日死去。75歳。字(あざな)は三径。通称は道益。号は艸田,三友,介洞。名は丈伯とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android