コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苛なし イラナシ

デジタル大辞泉の解説

いら‐な・し【苛なし】

[形ク]
心が苦しい。心苦しく不安だ。
「悲しけくここに思ひ出―・けくそこに思ひ出」〈・三九六九〉
際だってはなはだしい。
「候ふ人々も―・くなむ泣きあはれがりける」〈大和・一六八〉
大げさだ。事々しい。
「文挿に文はさみて、―・くふるまひて、この大臣に奉る」〈大鏡時平
強い。鋭い。
「天の下の―・き軍士(いくさ)なりとも打ち勝ちなむや」〈宇津保・藤原の君〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いらなし【苛なし】

( 形ク )
心が痛む。心が苦しい。 「悲しけくここに思ひ出-・けくそこに思ひ出/万葉集 3969
(程度が)際立ってはなはだしい。 「わがさまの、いと-・く(=コノ上ナクヒドク)なりにたるを思ひけるに/大和 148」 「 - ・き(=非常ニ鋭イ)太刀をみがき/宇治拾遺 10
大げさだ。わざとらしい。 「印ことごとしく結び出でなどして、-・くふるまひて/徒然 54

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苛なしの関連キーワードなむ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android