コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若松勉 ワカマツツトム

デジタル大辞泉の解説

わかまつ‐つとむ【若松勉】

[1947~ ]プロ野球選手・監督・野球解説者。北海道の生まれ。社会人野球を経て昭和46年(1971)ヤクルト入団。昭和47年(1972)、昭和52年(1977)に首位打者となるなど高打率を保ち続け、「小さな大打者」と呼ばれた。選手引退後も同球団のコーチ・監督を務め、平成13年(2001)にはチームを日本一に導いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若松勉 わかまつ-つとむ

1947- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和22年4月17日生まれ。ノンプロ電電北海道(のちのNTT北海道)をへて,昭和46年ヤクルトに入団。右投げ左打ちの外野手。168cmの体で3割を12回マーク,「小さな大打者」とよばれた。実働19年,首位打者2回,通算2173安打,3割1分9厘,220本塁打。平成11年からヤクルト監督。13年日本一。21年野球殿堂入り。北海道出身。北海高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

若松勉 (わかまつつとむ)

生年月日:1947年4月17日
昭和時代;平成時代の元・プロ野球監督;元・プロ野球選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

若松勉の関連キーワード東京ヤクルトスワローズ生年月日若松

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

若松勉の関連情報