若林有信(読み)わかばやし ゆうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若林有信 わかばやし-ゆうしん

1821-1895 明治時代の教育行政家。
文政4年3月生まれ。武蔵(むさし)下小山田村(東京都町田市)の名主。明治初年の学制草創期に学区取締となって三十数ヵ村の就学状況や教育活動をみまわり,地域の教育行政につくす。また「小山田古城址考証」をかいた。明治28年10月8日死去。75歳。通称は三右衛門。字(あざな)は子友。号は寸斎,桜渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android