若狭大理石(読み)わかさだいりせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若狭大理石
わかさだいりせき

若狭地方、とくに福井県小浜(おばま)市平野(ひらの)から三方上中(みかたかみなか)郡若狭町大鳥羽(おおとば)付近で採石される石灰岩の石材名。丹波(たんば)帯北部の地質体を構成するもので、白色から黒色を呈するもの、縞(しま)模様のあるもの、斑(まだら)状模様のあるものなど、いろいろな外観を示すものがある。割れ目の間隔が広いため、かなり大きな柱状の石材が採取され、かつて室内装飾用の建材として利用された。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android