コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭忠清 わかさ ただきよ

2件 の用語解説(若狭忠清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若狭忠清 わかさ-ただきよ

?-? 鎌倉時代の武将。
承久(じょうきゅう)の乱(1221)で戦死した父若狭忠季(ただすえ)の跡をつぎ,若狭(福井県)の守護および遠敷(おにゅう)・三方(みかた)両郡の総地頭となる。地頭領主制をおしすすめ,東寺領の太良(たらの)荘では荘官の定宴(じょうえん)や有力百姓と相論(訴訟)になった。通称は四郎。法名は定連。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

若狭忠清

生年:生没年不詳
鎌倉中期の武将。若狭忠季の子。通称四郎。法名定連。承久の乱(1221)で討死した父のあとを継ぎ,若狭国守護および同国遠敷・三方両郡総地頭などに補せられた。地頭支配を強力に推進,当国における若狭氏支配の基礎を築いた。しかし,東寺領太良荘(福井県小浜市)では預所代定宴 や荘内有力百姓と度々相論に至り,寛元1(1243)年,地頭の非法を訴える百姓らと六波羅探題で対決したが,地頭代罷免の裁決を受けた。また宝治1(1247)年,荘務権をめぐる預所代定宴との相論でも「地頭之違乱」とされて敗北,太良荘の地頭支配は一旦挫折した。

(林文理)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone