コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭忠清 わかさ ただきよ

2件 の用語解説(若狭忠清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若狭忠清 わかさ-ただきよ

?-? 鎌倉時代の武将。
承久(じょうきゅう)の乱(1221)で戦死した父若狭忠季(ただすえ)の跡をつぎ,若狭(福井県)の守護および遠敷(おにゅう)・三方(みかた)両郡の総地頭となる。地頭領主制をおしすすめ,東寺領の太良(たらの)荘では荘官の定宴(じょうえん)や有力百姓と相論(訴訟)になった。通称は四郎。法名は定連。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

若狭忠清

生年:生没年不詳
鎌倉中期の武将。若狭忠季の子。通称四郎。法名定連。承久の乱(1221)で討死した父のあとを継ぎ,若狭国守護および同国遠敷・三方両郡総地頭などに補せられた。地頭支配を強力に推進,当国における若狭氏支配の基礎を築いた。しかし,東寺領太良荘(福井県小浜市)では預所代定宴 や荘内有力百姓と度々相論に至り,寛元1(1243)年,地頭の非法を訴える百姓らと六波羅探題で対決したが,地頭代罷免の裁決を受けた。また宝治1(1247)年,荘務権をめぐる預所代定宴との相論でも「地頭之違乱」とされて敗北,太良荘の地頭支配は一旦挫折した。

(林文理)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若狭忠清の関連キーワード尼坂好道河辺松笑小山朝長武田信時出羽房雲厳藤原忠季結城朝村六角泰綱若狭季兼若狭忠季

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone