コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若狭蘇洞門 わかさそとも

世界大百科事典 第2版の解説

わかさそとも【若狭蘇洞門】

〈外面(そとも)〉とも書く。福井県小浜市にある国指定の名勝。小浜湾の東に突出する内外海(うちとみ)半島の外湾側に2kmにわたって展開する花コウ岩の海食崖で,白い岩肌と青い海の対照が鮮やかである。花コウ岩が柱状節理に沿って波の浸食をうけ,大門,小門の海食洞をはじめ,唐船岩,獅子岩,夫婦(めおと)亀岩など奇岩怪石が並ぶ。小浜港から遊覧船で約1時間。若狭湾国定公園中の景勝で,特に夏季は観光客でにぎわう。【島田 正彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

若狭蘇洞門の関連キーワード小浜市蘇洞門

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android