コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小浜湾 おばまわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小浜湾
おばまわん

福井県西部,大島半島と内外海半島にいだかれる湾。若狭湾の支湾。湾内ではカキ,真珠,フグの養殖が盛ん。湾岸は屹立する岩石海岸と砂浜とが交錯し,海水浴場として知られる。湾内の小島に北限産地であるナタオレノキムサシアブミなどで知られる天然記念物「蒼島 (あおしま) 暖地性植物群落」がある。湾奥に小浜市がある。名勝若狭蘇洞門 (そとも) などのある景勝地で,若狭湾国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福井県〕小浜湾(おばまわん)


福井県南西部、若狭(わかさ)湾中部の支湾。東の内外海(うちとみ)半島と西の大島(おおしま)半島に抱かれる。南岸近くに浮かぶ蒼(あお)島の暖地性植物群落は国の天然記念物に指定されている。湾口西岸の鋸(のこぎり)崎に関西電力大飯(おおい)原子力発電所が立地。湾内でワカメ・真珠の養殖が行われる

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小浜湾
おばまわん

福井県西部、若狭(わかさ)湾中央にある一支湾。東を久須夜(くすや)ヶ岳(619メートル)のある内外海(うちとみ)半島、西を大島半島に囲まれ、湾奥の北川、南川の複合デルタに小浜市がある。リアス式海岸を有する陥没湾の一つで、この河口以外は湾岸に平地は乏しい。湾内の蒼(あお)島はタブ、シイ、ナタオレノキなどの暖地性植物群落が茂り、国指定天然記念物。また、内外海半島の湾外に蘇洞門(そとも)があり、一帯は若狭湾国定公園の中心である。久須夜ヶ岳はエンゼルラインが通じ、湾内外を一望できる。[島田正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小浜湾の関連情報