若生精一郎(読み)わこう せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若生精一郎 わこう-せいいちろう

1847-1882 明治時代の教育者,自由民権運動家。
弘化4年生まれ。仙台培根(ばいこん)(現木町通)小学校長となる。明治11年民権結社鶴鳴社をつくる。12年教職を辞し,「宮城日報」を創刊して自由民権運動に参加。13年村松亀一郎らと本立社設立,国会期成同盟大会に出席し国会開設請願書を提出した。明治15年死去。36歳。陸奥(むつ)仙台出身。宮城師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android