コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若竹笛躬 わかたけ ふえみ

3件 の用語解説(若竹笛躬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若竹笛躬 わかたけ-ふえみ

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
「戯財録」では人形遣い若竹東工郎と同一人物としているが,経歴など不明な点がおおい。初代,2代のふたり説もある。明和元年(1764)刊「嬢景清(むすめかげきよ)八嶋日記」など,おもな作品は合作である。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

若竹笛躬

生年:生没年不詳
江戸中期,上方の人形遣い,浄瑠璃作者。人形の方では若竹藤九郎と名乗り,宝暦期(1751~64)にすでに「当流の達人」「発明無類」と評される大立者で,明和3(1766)年ごろまで活躍した。浄瑠璃の作者としては,たぶん笛十こと難波三蔵の門下で,笛躬の名もそれにちなむかと思われる。宝暦9(1759)年から寛政11(1799)年まで豊竹座などで上演された「岸姫松轡鑑」「摂州合邦辻」「伊達娘恋緋鹿子」ほか多数の作者連名に加わっている。明和5年度には大坂中の芝居三枡他人座の歌舞伎の作者でもあった。<参考文献>入我亭我入『戯財録』(日本思想大系61巻),『義太夫年表/近世篇1』

(井口洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかたけふえみ【若竹笛躬】

浄瑠璃作者。生没年不詳。その伝についても不詳であるが,わずかな手がかりは《戯財録》に,若竹笛躬は〈若竹藤九郎といふ人形遣ひ,後,作者となる〉とある記事である。1759年(宝暦9)の《難波丸金鶏(なにわまるこがねのにわとり)》から99年(寛政11)の《纐纈紺屋譜(ゆいがのここうやのけいず)》まで,豊竹座などの作者連名に名が見える。おもな作品はいずれも合作で,《嬢景清八島日記(むすめかげきよやしまにつき)》《祇園女御九重錦(ぎおんにようごここのえにしき)》《摂州合邦辻(せつしゆうがつぽうがつじ)》《伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)》《けいせい恋飛脚(こいのひきやく)》《木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまがつせん)》などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の若竹笛躬の言及

【祇園女御九重錦】より

…5段。若竹笛躬(ふえみ)・中邑阿契(なかむらあけい)の合作。1760年(宝暦10)12月大坂豊竹座初演。…

【木下蔭狭間合戦】より

…1789年(寛政1)2月大坂大西芝居初演。若竹笛躬(わかたけふえみ),近松余七,並木宗輔(千柳)の合作。余七は十返舎一九。…

【摂州合邦辻】より

…通称《合邦》。菅専助若竹笛躬(ふえみ)作。1773年(安永2)2月大坂北堀江市の側芝居初演。…

【伊達娘恋緋鹿子】より

…通称《櫓のお七》。菅専助,松田和吉,若竹笛躬作。1773年(安永2)4月大坂北堀江市の側芝居初演。…

【嬢景清八島日記】より

…通称《日向島》《盲景清》。若竹笛躬(ふえみ),黒蔵主(こくぞうす),中邑阿契(なかむらあけい)合作。1764年(明和1)10月大坂豊竹座初演。…

※「若竹笛躬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone