コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若竹笛躬 わかたけ ふえみ

3件 の用語解説(若竹笛躬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若竹笛躬 わかたけ-ふえみ

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。
「戯財録」では人形遣い若竹東工郎と同一人物としているが,経歴など不明な点がおおい。初代,2代のふたり説もある。明和元年(1764)刊「嬢景清(むすめかげきよ)八嶋日記」など,おもな作品は合作である。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

若竹笛躬

生年:生没年不詳
江戸中期,上方の人形遣い,浄瑠璃作者。人形の方では若竹藤九郎と名乗り,宝暦期(1751~64)にすでに「当流の達人」「発明無類」と評される大立者で,明和3(1766)年ごろまで活躍した。浄瑠璃の作者としては,たぶん笛十こと難波三蔵の門下で,笛躬の名もそれにちなむかと思われる。宝暦9(1759)年から寛政11(1799)年まで豊竹座などで上演された「岸姫松轡鑑」「摂州合邦辻」「伊達娘恋緋鹿子」ほか多数の作者連名に加わっている。明和5年度には大坂中の芝居三枡他人座の歌舞伎の作者でもあった。<参考文献>入我亭我入『戯財録』(日本思想大系61巻),『義太夫年表/近世篇1』

(井口洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

わかたけふえみ【若竹笛躬】

浄瑠璃作者。生没年不詳。その伝についても不詳であるが,わずかな手がかりは《戯財録》に,若竹笛躬は〈若竹藤九郎といふ人形遣ひ,後,作者となる〉とある記事である。1759年(宝暦9)の《難波丸金鶏(なにわまるこがねのにわとり)》から99年(寛政11)の《纐纈紺屋譜(ゆいがのここうやのけいず)》まで,豊竹座などの作者連名に名が見える。おもな作品はいずれも合作で,《嬢景清八島日記(むすめかげきよやしまにつき)》《祇園女御九重錦(ぎおんにようごここのえにしき)》《摂州合邦辻(せつしゆうがつぽうがつじ)》《伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)》《けいせい恋飛脚(こいのひきやく)》《木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまがつせん)》などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の若竹笛躬の言及

【祇園女御九重錦】より

…5段。若竹笛躬(ふえみ)・中邑阿契(なかむらあけい)の合作。1760年(宝暦10)12月大坂豊竹座初演。…

【木下蔭狭間合戦】より

…1789年(寛政1)2月大坂大西芝居初演。若竹笛躬(わかたけふえみ),近松余七,並木宗輔(千柳)の合作。余七は十返舎一九。…

【摂州合邦辻】より

…通称《合邦》。菅専助若竹笛躬(ふえみ)作。1773年(安永2)2月大坂北堀江市の側芝居初演。…

【伊達娘恋緋鹿子】より

…通称《櫓のお七》。菅専助,松田和吉,若竹笛躬作。1773年(安永2)4月大坂北堀江市の側芝居初演。…

【嬢景清八島日記】より

…通称《日向島》《盲景清》。若竹笛躬(ふえみ),黒蔵主(こくぞうす),中邑阿契(なかむらあけい)合作。1764年(明和1)10月大坂豊竹座初演。…

※「若竹笛躬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

若竹笛躬の関連キーワード劉徽素浄瑠璃門浄瑠璃浄瑠璃座難波浄瑠璃床浄瑠璃松田文耕堂岡清兵衛浪岡鯨児山田案山子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone