コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嬢景清八島日記 むすめかげきよやしまにっき

2件 の用語解説(嬢景清八島日記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むすめかげきよやしまにっき【嬢景清八島日記】

人形浄瑠璃時代物。5段。通称《日向島》《盲景清》。若竹笛躬(ふえみ),黒蔵主(こくぞうす),中邑阿契(なかむらあけい)合作。1764年(明和1)10月大坂豊竹座初演。悪七兵衛景清の後日譚物で,日向に流された景清を娘が尋ねる三段目が歌舞伎に移され,とくに有名になった。景清の娘糸滝は,日向にいる盲目の父を都に連れ戻し仕官させたいと,わが身を手越の宿花菱屋に売ろうとする。孝心に感じた花菱屋の主人左次太夫に連れられ,日向まで糸滝は父を尋ねて来るが,盲目の乞食となった景清は,父は飢死したと偽り,帰そうとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嬢景清八島日記
むすめかげきよやしまにっき

浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節。時代物。五段。若竹笛躬(ふえみ)・黒蔵主(こくぞうす)・中邑阿契(なかむらあけい)合作。1764年(明和1)10月、大坂・豊竹(とよたけ)座初演。悪七兵衛景清(あくしちびょうえかげきよ)の後日譚(ごじつだん)で、両眼を失って日向島(ひゅうがじま)に流された景清を娘糸滝(いとたき)が訪れる三段目が「日向島の景清」「日向島」「盲(めくら)景清」などの通称で知られる。景清は、はるばる訪ねてきた娘を、父は餓死したと偽って追い返すが、あとで娘が身を売って調えた金を渡され、孝心を知って慟哭(どうこく)、剛気も折れて源氏への降参を承知する。人形浄瑠璃では難曲の一つ。歌舞伎(かぶき)にも移されたが、近年では1959年(昭和34)8世松本幸四郎(白鸚(はくおう))が文楽(ぶんらく)の8世竹本綱大夫(つなたゆう)、10世竹沢弥七(やしち)と共演した舞台が評判になった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嬢景清八島日記の関連キーワード景事豊竹座人形浄瑠璃素浄瑠璃操り浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座淡路人形浄瑠璃内海繁太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone