嬢景清八島日記(読み)むすめかげきよやしまにっき

世界大百科事典 第2版の解説

むすめかげきよやしまにっき【嬢景清八島日記】

人形浄瑠璃。時代物。5段。通称《日向島》《盲景清》。若竹笛躬(ふえみ),黒蔵主(こくぞうす),中邑阿契(なかむらあけい)合作。1764年(明和1)10月大坂豊竹座初演。悪七兵衛景清の後日譚物で,日向に流された景清を娘が尋ねる三段目が歌舞伎に移され,とくに有名になった。景清の娘糸滝は,日向にいる盲目の父を都に連れ戻し仕官させたいと,わが身を手越の宿花菱屋に売ろうとする。孝心に感じた花菱屋の主人左次太夫に連れられ,日向まで糸滝は父を尋ねて来るが,盲目の乞食となった景清は,父は飢死したと偽り,帰そうとする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嬢景清八島日記
むすめかげきよやしまにっき

浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節。時代物。五段。若竹笛躬(ふえみ)・黒蔵主(こくぞうす)・中邑阿契(なかむらあけい)合作。1764年(明和1)10月、大坂・豊竹(とよたけ)座初演。悪七兵衛景清(あくしちびょうえかげきよ)の後日譚(ごじつだん)で、両眼を失って日向島(ひゅうがじま)に流された景清を娘糸滝(いとたき)が訪れる三段目が「日向島の景清」「日向島」「盲(めくら)景清」などの通称で知られる。景清は、はるばる訪ねてきた娘を、父は餓死したと偽って追い返すが、あとで娘が身を売って調えた金を渡され、孝心を知って慟哭(どうこく)、剛気も折れて源氏への降参を承知する。人形浄瑠璃では難曲の一つ。歌舞伎(かぶき)にも移されたが、近年では1959年(昭和34)8世松本幸四郎(白鸚(はくおう))が文楽(ぶんらく)の8世竹本綱大夫(つなたゆう)、10世竹沢弥七(やしち)と共演した舞台が評判になった。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android