英愛条約(読み)えいあいじょうやく(英語表記)Anglo‐Irish Treaty

世界大百科事典 第2版の解説

えいあいじょうやく【英愛条約 Anglo‐Irish Treaty】

1921年12月6日に,アイルランド国民議会代表団とイギリス政府代表団の間で調印された条約。1919年1月に始まったアイルランド独立戦争を終結させ(1921年7月休戦),アイルランドカナダオーストラリアニュージーランドと同じ自治領地位イギリス帝国の中で保持し,アイルランド自由国と称すことなどを定めた。ただし,20年12月に成立したアイルランド統治法に基づきすでに21年6月より発足していた北アイルランド議会はそのまま存続し,北と境界は南北各1名の代表とイギリス政府の任命する議長の3者からなる国境委員会で改めて定めることとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の英愛条約の言及

【アイルランド国民議会】より

…イギリスはこれを非合法とし,両者の間で独立戦争が続く。英愛(イギリス・アイルランド)条約によりアイルランド自由国が発足(1922年12月)するまで存続した。【上野 格】。…

※「英愛条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android