コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英暉女王 えいきじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英暉女王 えいきじょおう

1793*-1845 江戸時代後期,有栖川宮織仁(ありすがわのみや-おりひと)親王の第6王女。
寛政4年12月16日生まれ。享和元年大和(奈良県)の真言宗中宮寺の門跡(もんぜき)をつぐ。文化3年高野山北室院で得度した。弘化(こうか)2年5月9日死去。54歳。幼称は千鶴宮。号は尊照。諡号(しごう)は慈心院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

英暉女王の関連キーワードルイ17世ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)オセアニア史(年表)マルクス経済学グロー上田秋成ウーシャール

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android