苺色(読み)いちごいろ

色名がわかる辞典の解説

いちごいろ【苺色】

色名の一つ。バラ科イチゴの熟した果実のような濃いがかった。江戸時代末期にオランダから伝わった植物で、日本古来の色名ではない。英名ストロベリー(strawberry)、仏名フレーズなどの訳語。かなり強い色調なのでイラストでイチゴを描くときなどは、やや薄く表現されることが多い。イチゴの花は色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちご‐いろ【苺色】

〘名〙 イチゴの熟した実のような赤い色。
※蛙(1938)〈草野心平〉祈りの歌「その頸は横転逆転し切り口の苺色がみえたり眼玉がとびだしたり暗くなったり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android