茫然(読み)ボウゼン

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ぜん〔バウ‐〕【×茫然】

[ト・タル][文][形動タリ]
漠然としてつかみどころのないさま。「茫然とした前途」
「必要あることを弁ぜず…―たる論を主張するは」〈鉄腸・花間鶯〉
呆然(ぼうぜん)」に同じ。
「物に見惚れて―たる他国者の」〈魯文・高橋阿伝夜叉譚〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうぜん【茫然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
呆然ぼうぜん」に同じ。 「思わぬ出来事に-として立ち尽くす」 「何処ともなく-眺めて居るのである/良人の自白 尚江
ぼんやりとしてとりとめのないさま。つかみどころのないさま。漠然。 「幽霊の出顕したりと人の語ることありと雖も皆其根原を尋求れば唯-として烟に似たる影像を見たると云ふのみ/竜動鬼談

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐ぜん バウ‥【茫然】

〘形動ナリ・タリ〙
① 広大なさま。遠くはてしないさま。〔蘇軾‐前赤壁賦〕
② 漠然としてとりとめのないさま。判然としないさま。
※正法眼蔵(1231‐53)谿声山色「年来たくはふるところの書籍を披尋するに、なほ然なり」 〔李白‐蜀道難〕
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「芒然として天下の事を打忘たぞ」 〔杜甫‐重過何氏詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茫然の関連情報