コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茫然 ボウゼン

2件 の用語解説(茫然の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐ぜん〔バウ‐〕【×茫然】

[ト・タル][文][形動タリ]
漠然としてつかみどころのないさま。「茫然とした前途」
「必要あることを弁ぜず…―たる論を主張するは」〈鉄腸・花間鶯〉
呆然(ぼうぜん)」に同じ。
「物に見惚れて―たる他国者の」〈魯文・高橋阿伝夜叉譚〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうぜん【茫然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
呆然ぼうぜん 」に同じ。 「思わぬ出来事に-として立ち尽くす」 「何処ともなく-眺めて居るのである/良人の自白 尚江
ぼんやりとしてとりとめのないさま。つかみどころのないさま。漠然。 「幽霊の出顕したりと人の語ることありと雖も皆其根原を尋求れば唯-として烟に似たる影像を見たると云ふのみ/竜動鬼談

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茫然の関連情報