コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤壁賦 せきへきのふChi-bi fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤壁賦
せきへきのふ
Chi-bi fu

中国,北宋蘇軾 (そしょく) の作。元豊5 (1082) 年成立。政争のため同3年都を追われ黄州 (湖北省) に流された作者が,翌々年7月揚子江中の赤壁に遊んだときのありさまを記したもの。同年 10月再び赤壁に遊び続編をつくったので,7月の作を『前赤壁賦』,10月の作を『後赤壁賦』と呼ぶ。いずれも友と連れ立った舟遊びの楽しさを,きびしい自然に対する畏怖と,はかない人生に対する悲哀とともに,才気あふれた筆で述べる。賦のなかで『三国志』で有名な赤壁の戦いの回想が入るが,実際の古戦場はずっと上流の同名の地である。漢代に栄えた賦は,宋代に入ると「文賦」と呼ばれて著しく散文化したが,『赤壁賦』はその代表的傑作であるとともに,中国の賦のなかでも最も有名な作品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せきへき‐の‐ふ【赤壁賦】

中国、北宋の蘇軾(そしょく)赤壁に遊んだおりに作った、前後2編の賦。1082年の7月と同年10月の作。それぞれ、「前赤壁賦」「後(こう)赤壁賦」と題する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せきへきのふ【赤壁賦 Chì bì fù】

中国,宋代の詩人蘇軾(そしよく)(東坡)の《前赤壁賦》と《後(こう)赤壁賦》とを合わせての称(前編のみの称にも用いる)。1082年(元豊5)の秋と冬,流罪地の黄州を流れる長江(揚子江)の赤壁に遊んでの作。〈賦〉は漢代に始まる伝統ある韻文の一形式であるが,蘇軾はそれを〈文賦〉の名で呼ばれる抒情ゆたかな文学として完成した。2編の賦は蘇軾の文学を代表する傑作で,宋一代の絶唱として人々に愛されている。蘇軾の真跡とされる書も伝わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきへきのふ【赤壁賦】

中国宋代、蘇軾そしよく作の賦。前後二編があり、「前赤壁賦」は1082年7月、「後赤壁賦」は同年10月の作。蘇軾が流刑地の黄州で長江に遊覧して詠んだもの。蘇軾の作品を代表する傑作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤壁賦の関連キーワードチーピー(赤壁)中能島 欣一中能島欣一滄海の一粟豊道 春海一世の雄朝野新聞前川虚舟羽化登仙襟を正す玄裳縞衣巻菱湖慷月調祝允明無尽蔵

赤壁賦の関連情報