コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶漬(け)屋 チャヅケヤ

デジタル大辞泉の解説

ちゃづけ‐や【茶漬(け)屋】

茶漬けを食べさせる店。
手軽な食事をさせる店。小料理屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の茶漬(け)屋の言及

【茶漬】より

…冷たい残り飯に熱い茶をかけ,ありあわせのものを菜とする簡便な食事法として定着した。一方,江戸後期になって各地に手軽な食事をさせる茶漬屋が盛んになった。江戸では安永(1772‐81)の初め浅草並木町に〈海道茶漬〉,天明(1781‐89)に入って下谷大恩寺前町に〈七色(なないろ)茶漬〉を称する店ができた。…

※「茶漬(け)屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

茶漬(け)屋の関連キーワード茶漬け

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android