茶袋(読み)ちゃぶくろ

精選版 日本国語大辞典「茶袋」の解説

ちゃ‐ぶくろ【茶袋】

〘名〙
葉茶を入れておく紙袋
※御伽草子・一寸法師(室町末)「みつもののうちまき取り、(チャブクロ)に入れ」
② 葉茶を入れて煎ずるための布袋。ちゃんぶくろ。
※俳諧・西鶴大句数(1677)九「瀑した布のも離さぬ 茶袋はぬふた所がおもしろい」

ちゃん‐ぶくろ【茶袋】

〘名〙
① 「ちゃぶくろ(茶袋)②」の変化した語。
※俳諧・五色墨(1731)「もともに足軽月の素丸〉 鬼灯売りはちゃん袋うり〈之〉」
② (使い古した茶袋に似ているところから) 大阪にわか・軽口に用いる布製袋形のかつら

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「茶袋」の解説

ちゃ‐ぶくろ【茶袋】

茶を入れる紙袋。
葉茶を入れてせんじるための布袋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android