コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶鼠 ちゃねずみ

2件 の用語解説(茶鼠の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

ちゃねずみ【茶鼠】

色名の一つ。「ちゃねず」とも読む。JISの色彩規格では「黄赤みの灰色」としている。一般に、茶色みがかった鼠色のこと。江戸時代に「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど流行した2つの色の組み合わせ。語順を逆にした「鼠茶」という色もあり、こちらは鼠色みがかった茶色のこと。論理的にはどちらの色が強いかという違いになるが、実際は判別不可能とされる。それだけ多彩な色を楽しんだ時代であった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゃねずみ【茶鼠】

茶色を帯びた鼠色。ちゃねず。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶鼠の関連キーワード直販チャネル藍鼠梅鼠柑子色千歳緑鼠色灰茶真朱チャネラー米酢(よねず)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone