コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草千里 クサセンリ

百科事典マイペディアの解説

草千里【くさせんり】

熊本県阿蘇山中の草原。草千里ヶ浜,千里ヶ浜とも。烏帽子(えぼし)岳と杵島(きじま)岳の間の標高1140mの地にある直径約1kmの二重火口跡で,低い火口壁に囲まれる。
→関連項目阿蘇くじゅう国立公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くさせんり【草千里】

阿蘇火山中央火口丘にある、烏帽子えぼし岳北斜面の火口跡。皿状の地形全体が草原をなす。草千里ヶ浜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の草千里の言及

【阿蘇山】より

…南郷谷は南阿蘇有料道路で阿蘇山上と結ばれているが,観光の面では南郷谷側は阿蘇谷側と比べて裏通り的な性格をもつ。
[千里ヶ浜]
 草千里ヶ浜,草千里ともいう。阿蘇山西部の烏帽子岳北側中腹に側火山の形で付随している二重火口。…

※「草千里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

草千里の関連キーワードうつくしいひと熊本県阿蘇市湯ノ谷温泉熊本県

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草千里の関連情報