コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中央火口丘 チュウオウカコウキュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうおう‐かこうきゅう〔チユウアウクワコウキウ〕【中央火口丘】

大きな火口やカルデラ内に新たに生じた小火山。火口丘

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中央火口丘【ちゅうおうかこうきゅう】

火口やカルデラの内側にできる小火山体。これに対し本体の火山体を外輪山という(二重式火山)。中央火口丘が溶岩円頂丘であるときは中央円頂丘と呼ぶ(たとえば妙高火山,鳥海火山の場合)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうおうかこうきゅう【中央火口丘 central cone】

複式火山において,火口またはカルデラをかこむ外輪山の内側にある火山体で,中央丘,後カルデラ丘ともいう。溶岩円頂丘,成層火山,砕屑丘であることが多いが,楯状火山もある。外輪山より新しく,かつ相対的に小さく,また噴火様式も異なる例が多い。複数の中央火口丘が箱根や阿蘇のように一列に配列している例も多い。その列は複式火山体の下方にある弱線(断層や割れ目)に沿っている。火山【鈴木 隆介】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうおうかこうきゅう【中央火口丘】

カルデラまたは大きな火口の内部に生じた、新しい小さな火山体。箱根火山の駒ヶ岳や阿蘇山の中岳など。火口丘。 → 複成火山

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中央火口丘
ちゅうおうかこうきゅう

大きな火口やカルデラの内側に、後から生成された比較的小規模の火山をいう(外側の山は外輪山)。成層火山、溶岩円頂丘、噴石丘などで形成される。中央火口丘は、複数の山体からなることも多く、阿蘇(あそ)カルデラ内には、いわゆる阿蘇五岳など、十数座の中央火口丘が群をなす。伊豆大島の中央火口丘、三原山は、内輪山ともよばれるが、これは、同島だけに通用する固有地名で、一般的な学術用語ではない。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中央火口丘の言及

【火山】より

… カルデラあるいは古い火口の中に,新たに小さな火山体が成長することがある。中の火山体を後カルデラ丘post‐caldera coneあるいは中央火口丘central coneといい,これを二重式火山ともいう。二重式火山の中にさらにもう一つ火山体ができる場合もあり,これを三重式火山ともいう。…

【火山】より

… 単成火山は一つだけでなく群をなしていることが多い。その群には,(1)側火山群や後カルデラ丘群(中央火口丘群)などのように複成火山に付随したり,その一時期を示すもの,(2)複成火山とは無関係で単成火山だけで群をなすもの,の2種がある。(2)の例は男鹿半島の一ノ目潟,二ノ目潟などの目潟群(マール群),伊豆半島東部やフランスのオーベルニュにあるスコリア丘,溶岩円頂丘,マールなどの火山群など,大陸地域や島弧の内側に多い。…

※「中央火口丘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中央火口丘の関連キーワード白根山(栃木・群馬)雄阿寒岳・雄阿寒嶽金峰山(熊本)テンゲル山地アトサヌプリ白水〈村〉アラガツ山長陽〈村〉二重火山メルー山箱根温泉雄阿寒岳豊肥本線榛名富士複成火山十和田湖榛名山樽前山三原山浅間山

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中央火口丘の関連情報