コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草地土壌 そうちどじょう

世界大百科事典 第2版の解説

そうちどじょう【草地土壌】

自然草地(牧野)または人工草地(牧草地)を形成している土壌をいう。草原土壌が自然植生としての草原に分布する土壌であるのに対し,草地土壌は草食家畜の粗飼料生産地あるいは飼養の場としての意義が大きい。日本の草地土壌は大部分が火山灰土壌であるから,その一般的性質はほとんど火山灰土壌の性質と類似している。しかし,通常の火山灰土壌と異なる点は耕耘(こううん),施肥がほとんどなされないため0~3cmの土層の部位に著しく多量の腐植を含み,かつリン酸欠乏の程度も大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

草地土壌の関連キーワードトマスリン肥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android