コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草地土壌 そうちどじょう

1件 の用語解説(草地土壌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうちどじょう【草地土壌】

自然草地(牧野)または人工草地(牧草地)を形成している土壌をいう。草原土壌自然植生としての草原に分布する土壌であるのに対し,草地土壌は草食家畜の粗飼料生産地あるいは飼養の場としての意義が大きい。日本の草地土壌は大部分が火山灰土壌であるから,その一般的性質はほとんど火山灰土壌の性質と類似している。しかし,通常の火山灰土壌と異なる点は耕耘(こううん),施肥がほとんどなされないため0~3cmの土層の部位に著しく多量の腐植を含み,かつリン酸欠乏の程度も大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草地土壌の関連キーワード牧草草地牧地牧野秣場湿草地土壌湿草地泥炭湿草地鉱床牧草地経営体森林以外の草生地(野草地)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone