コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草地土壌 そうちどじょう

世界大百科事典 第2版の解説

そうちどじょう【草地土壌】

自然草地(牧野)または人工草地(牧草地)を形成している土壌をいう。草原土壌が自然植生としての草原に分布する土壌であるのに対し,草地土壌は草食家畜の粗飼料生産地あるいは飼養の場としての意義が大きい。日本の草地土壌は大部分が火山灰土壌であるから,その一般的性質はほとんど火山灰土壌の性質と類似している。しかし,通常の火山灰土壌と異なる点は耕耘(こううん),施肥がほとんどなされないため0~3cmの土層の部位に著しく多量の腐植を含み,かつリン酸欠乏の程度も大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草地土壌の関連キーワードトマスリン肥

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android