コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草原土壌 そうげんどじょう

1件 の用語解説(草原土壌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうげんどじょう【草原土壌】

草原地帯に分布する土壌。世界の森林地帯の外側には気候条件が乾燥や低温,ときには水分過剰のために樹木が生育できず,イネ科植物を主体とする一年生または多年生の草本が広い範囲で生育し草原とよばれる植物群系を形成している。草原土壌の分布面積は広く,陸地面積の約25%にあたる3000万km2に達しているといわれている。世界の代表的な草原はユーラシア大陸内部の乾燥地に広がるステップで,北アメリカプレーリーアルゼンチンパンパハンガリープスタもこれに属するものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

草原土壌の関連キーワード栗色土サバンナセマン族ソロンピグミー高山帯山地帯懶熊洗熊サヘル地帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草原土壌の関連情報