コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耕耘 コウウン

デジタル大辞泉の解説

こう‐うん〔カウ‐〕【耕×耘】

《「耘」は草を刈る田畑し、雑草を取り去ること。耕して作物を作ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こううん【耕耘 tillage】

作物の播種(はしゆ)・植付けの準備として,耕地土壌を掘り返して砕き膨軟にすること。耕地では作物の生育中に人間や機械に踏みつけられたり,雨に打たれたりすることから,土壌の表層部が固まってくる。したがって,次の作物の作付け前に耕耘を行うが,その目的には次の点があげられる。(1)土壌表層を軟らかくして通気性,通水性などの物理性を改善し,作物の根の生育に好適な環境を準備する。(2)土壌表面に残された前作の刈り株,雑草,堆肥などを土中に埋め込み,播種・移植作業の障害とならないようにするとともに,地表に落下している雑草種子を埋め込んで発芽を抑制し,除草効果をあげる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こううん【耕耘】

( 名 ) スル
〔「耘」は草をとる意〕
田畑をたがやすこと。農作すること。 「新たに-したる地/月世界旅行

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耕耘の関連キーワードシンチョウ(新洲)県ガーデントラクターハンドトラクター農家(中国思想)久保田 権四郎カルチベーター佐藤 庄次郎本田技研工業セイレイ工業農業機械工業佐々木 達三月世界旅行農具便利論佐藤庄次郎機械化農業特殊自動車林業用機械水田土壌農事季節細木瑞枝

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android