草野 柴二(読み)クサノ シバジ

20世紀日本人名事典の解説

明治期の翻訳家,小説家



生年
明治8年11月15日(1875年)

没年
(没年不詳)

出生地
岡山県北和気郡羽仁村

本名
若杉 三郎

学歴〔年〕
東京帝国大学英文科〔明治37年〕卒

経歴
在学中からゲーテ「ヘルマン・ウント・ドロテア」、ディケンズ「クリスマスカロル」などの翻訳書を出す。北越地方の中学教師のかたわらモリエールの翻訳に当たり、明治37年6月の「明星」に「艶舌魔」、以来「白百合」「歌舞伎」などに15編の翻訳を発表、41年「モリエール全集」(全3巻)として刊行した。またツルゲーネフチェーホフなどロシアの短編小説、モーパッサンハウプトマンイプセンの「海の夫人」なども翻訳。40年上京、私大の時間講師のかたわら41〜43年「苦熱」(中央公論)「眷属」(新小説)など身辺小説風の作品20編を発表した。43年熊谷中学英語教師となり創作活動を続けた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android