コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草食系 そうしょくけい

1件 の用語解説(草食系の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

草食系

恋愛に対して受動的で、物欲や出世欲も薄い、温厚なオトコの子のこと。シラケ世代(団塊世代の少し後)のジュニアで、20代~30代前半の男子に見られる傾向を草食動物の性質になぞらえた表現。バブル崩壊後の長期不況期に少年時代を過ごした彼らは、背伸びすることなく、あらゆることに淡泊。異性に対しては積極性に欠け、消費活動では、オレ様的な見えより、ボク的な心地よさや好みを優先する。エコ教育やジェンダー教育を受けてきた彼らはロハスな生活を好み、異性の友人や家族との関係も良好である。なかでも母親と仲良し。企業・団体の中にあっても、常識的な協調性は持ち合わせている。ただし、自分が傷つきそう、相手を傷つけそうなことには敏感で、無用なあつれきや競争は避け、異なる考え方生き方にはいっさい干渉しない。対義語は「肉食系」。
同世代の生態を紹介したウエブ版「日経ビジネスONLINE」の連載企画(2006年)で、コラムニストの深澤真紀が「肉食系には理解しにくい、据え膳(ぜん)を食わぬ若い男」を「草食男子」と命名したのが最初。仕事にも消極的な草食系部下に不満をもつ中高年上司や、淡泊な草食系カレシにいらだちを抱く同世代「アラサー肉食系女子たち」の関心を集めた。08年には、女性ファッション誌が、「草食系男子の攻略法」を特集してマスコミの話題に。肉食が当たり前だったオヤジ世代のあいだでは、他の先進国には見られないこうした草食化を、飽和大国日本の「内向き志向」と重ねて憂(うれ)う向きがあるが、森岡正博『草食系男子の恋愛学』、牛窪恵『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』など、草食系男子を肯定的にとらえた論評に共感する声は少なくない

(大迫秀樹 フリー編集者 / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草食系の関連キーワード恋愛結婚受動的能動的物欲プラトニック物欲しい欲も得も無い受動的沈澱受動的溶解薄い握り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草食系の関連情報