コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒巻淳 アラマキアツシ

デジタル大辞泉の解説

あらまき‐あつし【荒巻淳】

[1926~1971]プロ野球選手。大分の生まれ。昭和25年(1950)毎日(千葉ロッテ前身)に入団、投手として活躍し、26勝をあげてパリーグの初代新人王となった。昭和28年(1953)、米国メジャーリーグのチームを相手に、日本のプロ野球選手として初の完投勝利を収めた。「火の玉投手」の異名をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒巻淳 あらまき-あつし

1926-1971 昭和時代後期のプロ野球選手。
大正15年2月16日生まれ。ノンプロ星野組の本格派の左腕で「火の玉投手」とよばれ,昭和24年都市対抗野球で星野組を優勝にみちびく。翌年毎日オリオンズに入団,26勝をあげ新人王となる。実働13年,通算173勝107敗,防御率2.23。のち阪急,ヤクルトコーチ。昭和46年5月12日死去。45歳。60年野球殿堂入り。大分県出身。大分経済専門学校(現大分大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒巻淳の関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏[各個指定]工芸技術部門斎藤寅次郎溝口健二衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android