コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒巻淳 アラマキアツシ

2件 の用語解説(荒巻淳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あらまき‐あつし【荒巻淳】

[1926~1971]プロ野球選手。大分の生まれ。昭和25年(1950)毎日(千葉ロッテの前身)に入団、投手として活躍し、26勝をあげてパリーグの初代新人王となった。同28年、米国メジャーリーグのチームを相手に、日本のプロ野球選手として初の完投勝利を収めた。「火の玉投手」の異名をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒巻淳 あらまき-あつし

1926-1971 昭和時代後期のプロ野球選手。
大正15年2月16日生まれ。ノンプロ星野組の本格派の左腕で「火の玉投手」とよばれ,昭和24年都市対抗野球で星野組を優勝にみちびく。翌年毎日オリオンズに入団,26勝をあげ新人王となる。実働13年,通算173勝107敗,防御率2.23。のち阪急,ヤクルトコーチ。昭和46年5月12日死去。45歳。60年野球殿堂入り。大分県出身。大分経済専門学校(現大分大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荒巻淳の関連キーワード大下弘池田豊大杉勝男張本勲池永正明宇野光雄越智正典木塚忠助土井正博並木輝男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒巻淳の関連情報