荒振神(読み)あらぶるかみ

世界大百科事典 第2版の解説

あらぶるかみ【荒振神】

邪神,暴神,悪神とも書く。高天原の神々に従わず,また高天原に帰属しない神々のこと。《古事記》〈神代巻〉の天孫降臨には〈この国に道速振(ちはやぶる)荒振る国つ神等の多在(さわな)りと以為(おも)ほす〉とある。《日本書紀》〈神代巻〉の〈(さわ)に蛍火の光(かがや)く神〉とある邪神,日本武(やまとたける)が征服した近江の胆吹(いぶき)山(伊吹山)の神などもこの類である。また,邪悪のため,人々の生活に災いを及ぼしたり苦しめたりするとみなされる暴悪の神をもいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒振神
あらぶるかみ

神威が激烈なあまり、人々に災いをもたらす邪悪な神の意。高天原(たかまがはら)で素戔嗚尊(すさのおのみこと)が暴れたことによって狭蠅(さばえ)なすごとくわき出た悪神、『日本書紀』神代巻に「蛍火(ほたるび)のように輝く」と描かれている邪神、また近江(おうみ)国(滋賀県)膽吹山(いぶきのやま)で日本武尊(やまとたけるのみこと)をひどく悩ました荒神などがその代表である。[大原康男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の荒振神の言及

【地霊】より

…大地に宿り,農耕をはじめ人間生活全般を支配すると信じられた霊的存在。古代において大地を基盤とする人間の営みは,その場所に宿る地霊の承認と保護を得てはじめて可能になり,そのため各季節の節目に行われる豊穣祭など地霊との交流は人々にとって最も重要な関心事であった。地霊の働きには二面性があり,人々に土地を耕させ恵みを授ける慈愛の性質と,それとは逆に地震や干ばつをひき起こす過酷な性質とが同居する。前者はみずからの肉体を傷つけて子孫を養う地母神として,後者は地霊に従わぬ人間を襲う怪物や荒ぶる神として発現する。…

※「荒振神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android