コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木素白 あらき そはく

美術人名辞典の解説

荒木素白

江戸前期の仕官・書家。名は光辰、通称は三次・内膳、法号は虚空素白。はじめ烏丸光広などの家来として仕えたが、のち仕官をやめ、京都霊隠寺で一絲文守について禅学を修め、虚空素白と名のった。書は藤木敦直に学び、なお上代様を研究、ことに伝道風の本阿弥切の書風を慕い、それに心酔した。貞享2年(1685)歿、86才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木素白 あらき-そはく

1600-1685 江戸時代前期の書家。
慶長5年生まれ。京都で一糸(いっし)文守に禅を,藤木敦直(あつなお)に書をまなぶ。小野道風(みちかぜ)の書をこのみ,仮名にすぐれた。上代様(じょうだいよう)の中興といわれる。貞享(じょうきょう)2年死去。86歳。名は光辰。通称は三次,内膳。法名は虚空素白。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒木素白の関連キーワード渡辺素平

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android