コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒砥/粗砥 あらと

2件 の用語解説(荒砥/粗砥の意味・用語解説を検索)

食器・調理器具がわかる辞典の解説

あらと【荒砥/粗砥】

包丁の刃こぼれを直すなど、ざっと研ぐときに用いるきめの粗い砥石。

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒砥
あらと

山形県南部、西置賜(にしおきたま)郡白鷹(しらたか)町の中心地区。旧荒砥町。長井盆地北部の最上(もがみ)川右岸に位置する。古い小城下町で、近世には最上川舟運の舟着き場として、明治時代には養蚕の町として栄えた。山形鉄道(フラワー長井線)の終着地。国道287号が通じ、348号を分岐する。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荒砥/粗砥の言及

【といし(砥石)】より

…場合によっては,砥粒と加工物との接触界面に化学反応が起こり,生じた微小反応部分が相対運動によって除去されて加工面が平滑になることもある。
[といしの種類]
 砥粒の大小やといしの硬さによって,荒砥,中砥,仕上げ砥に分けられ,普通この順に使用する。荒砥は,新しく使用する刃物などの形状を整えたり,摩耗のために形の変化した刃先を修正したりするためのもので,砥粒が粗くてといしの硬さの低いものが使われる。…

※「荒砥/粗砥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone